ヒトゲノム

個人的雰囲気良ゲーまとめと備忘録。不定期更新。

夕生Halflightストーリー考察・解釈

夕生Halflightのメタファー、細かいストーリー考察。個人的な解釈。

こちらのブログ(中国語)を考察の参考にさせていただきました。

 

ネタバレ注意!

 

 

 

 

 

 

 

軍人カラスの正体は?

f:id:gamekikurage:20200421213340j:plain

日本との戦争で勝利し、中国大陸からやってきた中国軍。夕生のストーリーは二・二八事件が起きた頃が舞台になっている。

二・二八事件 - Wikipedia

雛の正体は?

f:id:gamekikurage:20200421213918j:plain

タツムリ=本省人、鳥類は外省人

1章で「私たちは弱いけど一丸となれば…」と反乱を計画しているカタツムリ達が居る。

夕生はなぜ暮生を憎んでいた?

さつまいも村で調べられるオブジェクトから疎ましく思っている描写が結構多い。
壺を調べた時の「暮生と同じで空っぽだ」

「鬼ごっこをやっている時にいつも邪魔してきた」
暮生が駆け寄って来た時の回想の表情。

f:id:gamekikurage:20200417233033j:plain

・秘密基地の落書きや家の隣の木を調べると「友達と会って遊ぶ事がなくなった」

・昼寝してると起こされる。昼寝基地の方が大事。
・嫌いな食べ物が入った料理を飽きるほど食べている
・掃除当番はいつも自分(兄だから?)

・父親は厳しくベルトで叩いていた(きれいなノート8)反抗期に入ったとも書いてある。

外見と言動から夕生は10歳かそれより下あたり?この環境なら不満が積み重なって爆発するのもおかしくない。(弟を欲しがっていたといえ)

トゥルーエンドの台詞「同じくらい欲しかった。いや、もっと欲しかった」

父親が帰ってこない寂しさも加えて両親の愛情を独占したくなった。

 追手カタツムリの正体は?

タツムリ=父親。

f:id:gamekikurage:20200417233400j:plain

父親がカタツムリに変わるムービー、

金柑とにんにく、パイコー飯を食べるカタツムリの落書き。

父親に問い詰められた記憶の罪悪感が捕まえようとしてくるカタツムリになったと解釈。

f:id:gamekikurage:20200417233338j:plain

気になるこのトイレの落書き。鳥がカタツムリを襲っている。
家を襲撃された場面だとして、父親は軍に殺されてしまったのでは。(外人のノートに新聞社の人間は全て入れ替わったという記述があるので父親も殺された説が濃厚)

地下に集まって座り込んでるのは自衛軍の集まり。

トイレのカタツムリは「機関室から音がした」と店長が殺した人。

工場のエレベータ―の中に暮生が閉じ込められていたのは店主が預かっていたからと考えられるし。

追手カタツムリは父親だけを表現してるわけではない。

写真に自分だけ映っていない、鏡を調べると嫌いだという反応。
夕生が思い出したくない、向き合いたくない物は歪んで表現される。

画家の正体

画家は森で目撃した軍に処刑された人。

f:id:gamekikurage:20200417235319j:plain

頭部は袋を被った形。体が前屈みで撃たれる時の姿勢に似ている。

台湾の画家、二二八事件で銃殺された陳澄波がモデル。絵がゲーム中にも登場。

母親はどうなった?

心を病み自殺した。ノートにも「私が死ねばいい」と書いている。咳をしているので病弱?だから衰弱死もありえる。

f:id:gamekikurage:20200421131430j:plain

夕生の視点から見た首が折れ曲がった姿、迷路のステージでミスすると天井からぶらさがっている姿から首吊り自殺をしたと解釈できる。

f:id:gamekikurage:20200418215229j:plain

チャプター1で家から出ると倒れてノートが入手できる机。ノートの内容が完全に精神崩壊しているのでこれが最後に書き残した物だと思う。「迎えにいく」と書いてあり、夫と暮生を追ってこの机を使って首を吊ったのかもしれない

外人のノートの作者は?

f:id:gamekikurage:20200421135133j:plain

日没米店の店主。「俺達はボロ負けして…戦争なんかやめとけばよかったんだ」「人(台湾人)はやっと俺達(日本)から解放されたと思ったようだが」記述から日本人。日本陸軍で使う円匙を持っている(外人のノート)。

 暮生はどうして生きていた?

アーウェおじさんが夕生が暮生を突き落とす場面を見ていた。「あわや悲劇に合う所だった。これ以上ひどい状態にならないようにした」

ストーリーの細かい場面を時系列に並べると

夕生が暮生を崖の上から見える処刑現場にわざと連れて行き驚いている間に突き落とす        

「誰かの悲鳴の後」←突き落とされた暮生の声。

アーウェが暮生を連れて逃走、軍が銃を発砲する

銃声を聞いた夕生は死んだと思う。

アーウェは頭を怪我した暮生を保護、夕生帰宅。父に問い詰められる。

その時軍が家を襲撃。父親は連行される。(父親は新聞社で働いていて、弾圧の対象になるような働きをしていた)

母親は暮生が行方不明になった上に夫も居なくなり心を病む。

「母さん泣かないで、暮生を探しに行くから…」後悔した夕生は失踪。

アーウェは逃走中の身なので店主に暮生を預ける。

林で倒れていた夕生をアーウェが発見。(青年のノート1)

 償わせるために引き取る。夕生は正気を失った状態。

成人後、二人を引き合わせた事で夕生は錯乱、意識を失う。

ゲーム本編スタート。

神様へのお供えの意味

台湾には祭壇に魚・鶏・豚肉をお供えする風習が実際にある。

しかし、

f:id:gamekikurage:20200504204237j:plain

こんなセリフがあるから台湾人・中国人・日本人を表してるんじゃないかと深読みしたくなる。豚=中国軍(犬が去って豚が来た)だとしたらあまりにもあからさますぎるんじゃないかと思うけど。

住民が死んでいる部屋の座っている龍とカタツムリを合わせたようなのが神様?

続きを読む

幻想的な台湾が舞台の3Dアドベンチャー「夕生Halflight」感想

夕生Halflight(シーション ハーフライト)

f:id:gamekikurage:20200420231042p:plain

台湾のインディーゲーム。ホラーアドベンチャー

CPUを結構使うらしく二回ほどフリーズしたのでウィンドウ化するとよさげ。

1周5時間くらいでクリア。

続きを読む